さて、恵庭の花ロードえにわ苫小牧ウトナイ湖と来て
今度は千歳の道の駅サーモンパーク千歳です

sa-monn1


道の駅ができる前、ここには「千歳サケのふるさと館」でした
(ウトナイ湖もそうですが、以前からあった施設が道の駅になっています)

ここは駐車場の真向かいにお土産屋さんがあります
(※ここは道の駅ではありません)

向かって右側にトイレだけの建物があります

その間を通って奥の方へ行くと「道の駅サーモンパーク」
※インフィメーションやスタンプがあるところになります

さらに左わきの向こう側には橋があって、時期になるとサケの遡上を見ることができます


施設に向かう入口左側手前に
sa-monn6

「インディアン水車」(鮭の捕獲装置)が展示してあります

今までうちのパートナーが「あの施設に入るにはお金がかかる」と言っていたので
ここまで来たことがなかったのですが、道の駅のコーナーはもちろん無料です

何度も来てるのに、今回初めて入りました

すぐ目に入るのは、大きな円筒び水槽の中を泳いでいるベニサケ
大きいですよ

PAP_0011

そして、ヒメマス
sa-monn5
背中が薄ピンク色です

sa-monn4


で、左奥には
sa-monn2


白クマ?なんで?と思ったけど…結構おっきいです

右手には「千歳サケのふるさと館」の受付がありました
入る時は料金がかかります(大人800円、子供640円)

    ⇒詳しくは「千歳サケのふるさと館」


結局、ここの敷地の造りでは
駐車場の目の前にお土産屋さんが2軒あり
右手にはトイレがあるのでここで、お土産を買い、休憩をし、
そのまま次の目的地に向かう
という感じになり、右手奥の建物が
道の駅ということに気づかない可能性があります

私のパートナーのように「あの施設の入るのにはお金がかかる」というイメージは
意外と道民の方、持っているかもしれません

私は、以前ここで、いかにもお手製というようなシャケのトバを買いました
…美味しかったけど骨がかなりあって、つらかった思い出があります(笑)


        ⇒道の駅 サーモンパーク千歳