さて、次に向かったのは「道の駅 オホーツク紋別」

北海道には、「もんべつ」と呼ばれる地名が2カ所あります

どこにあるか知っていますか?

太平洋側にある、あの馬がいっぱい放牧されている「門別」
地図で言うと、下の方、別名「日高門別」と呼ばれます
※今は日高町という名前に変わりました

こちらは地図の上の方の「紋別」
「オホーツク紋別」とか、「北見紋別」とか言われています

とにかく寒い日でした
風もかなり強く、きつかったですね

大きな建物や施設がいっぱいあります
20

体験施設なので、10分や20分では、とても見れるところではないようです

私たちは斜里の宿に入る予定時間まであまり余裕もないし
暗くなってきたこともありトイレを借りて、そそくさとこの場所を後にしました

ここはある程度時間を取って、じっくり見学すべきでしょう

本当は、ここの「厳寒体験室」でマイナス20度の体験をしてみたかったですね

後は、オホーツクタワー、海底が見える、って話です
ちょっと遠くの海の上にありますけど…どのくらい歩くのかな…


ちょっと悔しいので、奥の方に見える蟹の爪(一番おいしいところですね)の近くまで行って
写真を撮りました

これをみた旅人は、きっと思うのでしょう

”今晩の夕食に、かに、でるかなぁ”

21

それにしてもこのモニュメント、よく、出来てます
そして、かなり、大きいですよ

この街で蟹が食べられるんじゃないかって、思わせるのがいい!
蟹はここで買いたいって…

でもどこで買えるのか
どこで食べられるか、っていうお知らせは見つからなかったような…

蟹食べたい!って思わせたら、やっぱり、
「○●食堂がおススメ!」って言うチラシでも目の前にあったら
即、行くけどね


  ⇒道の駅オホーツク紋別