北海道の道の駅 通過報告

ドライブの途中に立ち寄った北海道の「道の駅」の感想を書いています

オホーツクエリア

道の駅 らうす は おばちゃんのおススメが以外とこわいかも…

翌日、知床横断道路を通りらうすまでやってきました

25

ここは、
…展望スペースや漁協の直営店舗や商業施設を擁し、知床観光の新基地となっている。晴れた日には北方領土や羅臼岳が一望できる。by知床らうす交流センター(まっぷる)

中に入ると、やはりらうす、海の物がいっぱいです
24

入った途端、。ずらーっと並んだおばちゃんたちが、もうこっち向いています
他にお客様もいなかったこともあるのでしょう
いろいろと言ってきてくれるのですが…逆に買いづらい感じもありました

ゆっくりお土産を見たかったのですが…

ここで「昆布サイダー」を買いました37

塩味っぽいサイダーなのですが、口を近づけただけで昆布の匂いがします
うまいか、うまくないか…微妙ですね

昆布の生臭さが嫌いな人には、ちょっとダメかもしれませんが
話の種にはなりますね


母が向こうで捕まって、乾物を薦められていました
母がこっちを向き「どうしよう、買う?」という目をしています

私は一言「それ、あるから」と言って母を店から連れ出しました

お店が表に向かって横に広がったスペースで、明るく見やすいのですが
いかんせん、おばさんたちがあれもこれもと勧めるのでちょっとひきます

でも、試食もさせてくれるし、商品説明も一生懸命してくれるので
そういうのが好きな人にはおススメですよ


  ⇒道の駅 知床らうす


道の駅 葉菜野花(はなやか)小清水…もう人影がなかった


22

道の駅 葉菜野花(はなやか)小清水」に着いたのはもう、5時過ぎだったような気がします
辺りは暗くて、何も見えません

しょうがないので、トイレ休憩で寄りました

ここは、「JR釧網本線浜小清水駅」に隣接しています
降りたばかりの女学生が、迎えに来た車に乗り込む姿がありました

やはり残念なのは、ここに着くまでの道のりで、あの有名な「小清水原生花園」を見ることができなかったこと
回る予定の無かった、道の駅、お昼を食べる場所探しでのロスタイムなど…最初の行程時間とかなりずれてしまい結局辺りが暗くなってから、ここに着いてしまったわけで…
23

この旗が、冷たい風にあおられていました

ここの特徴を書いておきますね

ここでは農畜産物の加工体験が出来る他、新鮮な山の幸、海の幸を味わうことができます。
目の前に広がるオホーツク海、涛沸湖、原生花園と、自然いっぱい、家族揃ってゆっくりくつろげる「道の駅」です。

                       道の駅 葉菜野花(はなやか)小清水より

道の駅 オホーツク紋別 寄るつもりならなら時間を取っておくべき…

さて、次に向かったのは「道の駅 オホーツク紋別」

北海道には、「もんべつ」と呼ばれる地名が2カ所あります

どこにあるか知っていますか?

太平洋側にある、あの馬がいっぱい放牧されている「門別」
地図で言うと、下の方、別名「日高門別」と呼ばれます
※今は日高町という名前に変わりました

こちらは地図の上の方の「紋別」
「オホーツク紋別」とか、「北見紋別」とか言われています

とにかく寒い日でした
風もかなり強く、きつかったですね

大きな建物や施設がいっぱいあります
20

体験施設なので、10分や20分では、とても見れるところではないようです

私たちは斜里の宿に入る予定時間まであまり余裕もないし
暗くなってきたこともありトイレを借りて、そそくさとこの場所を後にしました

ここはある程度時間を取って、じっくり見学すべきでしょう

本当は、ここの「厳寒体験室」でマイナス20度の体験をしてみたかったですね

後は、オホーツクタワー、海底が見える、って話です
ちょっと遠くの海の上にありますけど…どのくらい歩くのかな…


ちょっと悔しいので、奥の方に見える蟹の爪(一番おいしいところですね)の近くまで行って
写真を撮りました

これをみた旅人は、きっと思うのでしょう

”今晩の夕食に、かに、でるかなぁ”

21

それにしてもこのモニュメント、よく、出来てます
そして、かなり、大きいですよ

この街で蟹が食べられるんじゃないかって、思わせるのがいい!
蟹はここで買いたいって…

でもどこで買えるのか
どこで食べられるか、っていうお知らせは見つからなかったような…

蟹食べたい!って思わせたら、やっぱり、
「○●食堂がおススメ!」って言うチラシでも目の前にあったら
即、行くけどね


  ⇒道の駅オホーツク紋別





北海道 道の駅おこっぺ の牛乳はチーズっぽい

15


西興部から次は「道の駅 おこっぺ」に行きました

駐車場に車を置いて、公園のような広場がありました
噴水(出てない)や電車の車輪がありました

入口はこんな感じ
16

左側には、汽車?電車?がありましたね
 ※ディーゼルカーを改装したルゴーサ・エクスプレス

左側の建物に食堂と、お土産屋さんがありました

お昼時だったのでレストラン?のメニューに
このあたりで有名な貝柱ラーメンがあったので
食べようかと思ったら「売りきれました」
という返事でした

まだ、13時頃だったと思います
天気も悪く他に観光客もいそうにないこのお店で…
席には近所のおなじみさんのような方が数人いましたが…
売り切れ?

この地元のおススメラーメンじゃないんですか?
しかも「道の駅」で、お昼に売り切れ?


しょうがないのでここでは牛乳を買い、他のお店の貝柱ラーメンを探すことになりました
せっかく来たんですから…

牛乳は2種類あったので、2本買いました
17
ごめんなさい値段忘れました (^_^;)
18
                  250円

さすがにおこっぺ、牛乳は、やはり一味違います

「上の方に塊があります。振ってから…」という感じの説明がありました
確かにどちらも上の方にチーズの塊のようなものがありました
濃い牛乳、でした
これは美味しかったです

私たちが、「道の駅」に求めるのはやはり地元の味です
道の駅は、ある程度その欲求を満たしてくれるものがあるはず、
と錯覚してしまうのはしょうがないと思います

その後市内の方に貝柱ラーメンを求めて少し車で探しました
が、探し方が悪かったのでしょうか…
それらしいのぼりや案内も見つかりませんでした

ちょっと残念でしたね

     ⇒道の駅おこっぺ

道の駅 にしおこっぺ花夢 からくり人形は一見の価値ありです

2

次に向かったのが「にしおこっぺ花夢」でした

※にしおこっぺ かむ と読みます

興部(おこっぺ)という読みが印象的なので覚えやすい地名です
おこっぺ=牛というイメージが強いのですがここは「にしおこっぺ」

正直札幌にいると、なじみが薄いですね

正面入口―
o2

中に入るとこんな人形たちがお出迎え

o3
森のオーケストラ「音・木・林(おとぎばやし)」
日本にたった一つの、からくりオルガンです。
…大きな丸いステージの上で、58体の木の人形が風の力を使って音に合わせて演奏します。
木製の笛を何十本も組み込み、鞴(ふいご)を利用して風を送り音を奏でるのです。

                       参考サイト 西興部村ウェブサイト

よく見ると時間で、からくり人形です
演奏時間まであと10分だったので、待つことにしました

12時だったかな?
壁にあった時計では演奏時間なのに
動かないんですよ
すると「あの時計進んでる」と道雄(私のパートナー)が言いました
携帯の時計で確かめると、なんと5分ほど進んでるんですね

正直先に行く予定がある場合5分でももったいないわけで
結局15分待ったことになり…もしかしたら見なかったかも…

(今は、直ってると…信じたい!逆にそれが作戦か?)



ま、この人形がかわいいので許すことにしました
o4


この日は人形の調子が悪いそうで回るはずが回らないと書いてありました

ユーチューブに回る動画があったので載せます


私が行った時の曲は…忘れました

他にも熊や鹿の肉の缶づめや木工品が売られていました

他にも外に花を見れるスペース「フラワーパーク花夢」
があったようですが、この日は閉まっていましたね
やはり、春か夏にくるのがいいかもしれません

建物が比較的新しく、空間があり、窓が大きいので明るい雰囲気がありました
お土産スペースも広くないので、一休みに向いてます

からくり人形は、素敵でしたよ…おススメです




道の駅イベント予定表
このページでもお世話になっている 「北の道の駅」このサイトにイベント予定表というのがあります これから寄る予定があれば、ここで前もって調べておきましょう ⇒イベント予定表
ギャラリー
  • 真狩フラワーセンター イメージはいもと細川たかしとゆり根かな?
  • 真狩フラワーセンター イメージはいもと細川たかしとゆり根かな?
  • 真狩フラワーセンター イメージはいもと細川たかしとゆり根かな?
  • 中山峠はドライブの始まり
  • 中山峠はドライブの始まり
  • 中山峠はドライブの始まり
  • 道の駅 マオイの丘公園 冬の目的は?
  • 道の駅 マオイの丘公園 冬の目的は?
  • 道の駅 マオイの丘公園 冬の目的は?
道の駅子 プロフィール