2

次に向かったのが「にしおこっぺ花夢」でした

※にしおこっぺ かむ と読みます

興部(おこっぺ)という読みが印象的なので覚えやすい地名です
おこっぺ=牛というイメージが強いのですがここは「にしおこっぺ」

正直札幌にいると、なじみが薄いですね

正面入口―
o2

中に入るとこんな人形たちがお出迎え

o3
森のオーケストラ「音・木・林(おとぎばやし)」
日本にたった一つの、からくりオルガンです。
…大きな丸いステージの上で、58体の木の人形が風の力を使って音に合わせて演奏します。
木製の笛を何十本も組み込み、鞴(ふいご)を利用して風を送り音を奏でるのです。

                       参考サイト 西興部村ウェブサイト

よく見ると時間で、からくり人形です
演奏時間まであと10分だったので、待つことにしました

12時だったかな?
壁にあった時計では演奏時間なのに
動かないんですよ
すると「あの時計進んでる」と道雄(私のパートナー)が言いました
携帯の時計で確かめると、なんと5分ほど進んでるんですね

正直先に行く予定がある場合5分でももったいないわけで
結局15分待ったことになり…もしかしたら見なかったかも…

(今は、直ってると…信じたい!逆にそれが作戦か?)



ま、この人形がかわいいので許すことにしました
o4


この日は人形の調子が悪いそうで回るはずが回らないと書いてありました

ユーチューブに回る動画があったので載せます


私が行った時の曲は…忘れました

他にも熊や鹿の肉の缶づめや木工品が売られていました

他にも外に花を見れるスペース「フラワーパーク花夢」
があったようですが、この日は閉まっていましたね
やはり、春か夏にくるのがいいかもしれません

建物が比較的新しく、空間があり、窓が大きいので明るい雰囲気がありました
お土産スペースも広くないので、一休みに向いてます

からくり人形は、素敵でしたよ…おススメです